トップへ
△過去の記事の一覧

2006年03月02日

弥生三月、春は近し、福寿草

春っぽくなったかなあ?
季節の移り変わりを感じない。


あたしの所は、寒い。
暖かくなって、また再び寒い。
夜中、凍えそう。

だれか横にきて、暖めてください。
ひとりだと寒いじゃないですか。
ふたり寄り添うと暖かい。
さんにん寄り添うともっと暖かい。
だから、3Pでぬくもろう!



湯たんぽ、あったかい。
こたつとは違う、優しい暖かさ。



ただ、私の知らないところで、
春の訪れはあるんだろう。

視野を広げれば。
やさしい心を持てば。
その存在に気づくのだろう。

芽吹く息吹、感じる。
未来、感じる。

やっぱり大事なのは愛なんだなあ。
ぬくもりなんだなあ。


■美しいリンク先
Yahoo!ブログ - 四万十の樵
http://blogs.yahoo.co.jp/sansansanta3/27031988.html
Yahoo!ブログ - ネパール・ヒマラヤ日記
http://blogs.yahoo.co.jp/namaste_my/27033555.html
春夏秋冬 な〜んとなく:留守中ありがとうv(=∩_∩=) - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/doll4649/archives/50365373.html
渓流で逢いましょう:桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
http://blog.goo.ne.jp/char2621/e/1588d0a8e8b5f93d0fed8aafbd00ae17
Yahoo!ブログ - 花菜のまったりゆんたく♪
http://blogs.yahoo.co.jp/kanacha21/27098793.html

Yahoo!画像検索 - 福寿草
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?ei=UTF-8&p=%E7%A6%8F%E5%AF%BF%E8%8D%89


スポンサード リンク
posted by るるん at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 季節柄の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: 湯たんぽ湯たんぽ(ゆたんぽ、湯湯婆)は日本で用いられる暖房器具の一つである。陶器・金属、あるいはプラスチック製の容器に湯を注ぎ栓をし、布団などに入れ主に足に当てて暖をとる。その歴史は古く、中国では唐の..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 08:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。