トップへ
△過去の記事の一覧

2006年02月16日

ウサギ虐待死事件「ウサギ、蹴っても、いいんじゃね?」

ウサギ、けり殺す。18歳。動物虐待。動物愛護法違反。

小学生で飼っているウサギを殺したのは
許されるべきではない。
動物に対してというよりは、
人間側に、被害を被らせたという点において。
小学生は気の毒。


ウサギ、かわいそうとかは、ちょっと、まった!
ストップ!


哺乳類だと、感情移入してしまう?
虫殺す
魚、豚、牛、鳥、おいしそうって食べる。


生命尊重は、
動物の虐待をみて、湧き上がる嫌悪感など負の感情を
突き放して見ることが、
鍵を握るのではないか?



彼女を見て、なんてブサイクな顔なんだと思う。
昔はかわいくて、ちっちゃくて、リスみたいだったのに、今じゃトド。

薄化粧が、厚化粧になり、昔はあったのに今はない眉毛。
昔は気が利くやつだったのに、今じゃ動かざるごと山のごとし。

ああ、枕元には耳栓常備。



すべての生きとし生けるものへ愛を!




参考記事
少年が小学校のウサギけり殺す デイリースポーツonline
http://www.daily.co.jp/gossip/2006/02/16/205263.shtml
ウサギをサッカーボール代わり、少年3人がけり殺す : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060215i305.htm
18歳少年らボール代わりにウサギ蹴り殺す - nikkansports.com > 社会ニュース
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-060216-0002.html



スポンサード リンク
posted by るるん at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13359469
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。